海外SEO

黒船SEOで達成できること

海外SEO実績

海外SEO実績1海外SEO実績2

海外SEO実績3

海外SEO実績4

海外SEOの威力

熾烈な競争が繰り広げられ、時をおうごとに難易度が増しているSEO。時代によってノウハウが変わるなか、一つだけ変わらない事実があります。

それは・・・

アメリカSEO

ということです。

 

この事実は検索エンジン(グーグル)の誕生以来、変わりません。

 

去年前までは、ヤフーが日本独自の検索エンジンとして存在していたので、正確にはグーグルだけの話でしたが、今ではヤフーもグーグルの検索アルゴリズムを導入したので、実質、日本で使用する検索エンジンはグーグル=アメリカ発の検索エンジンのみとなりました。

 

そのため、SEOアナリストの大半がアメリカのSEO情報に注意を払っています。

 

たとえば2011年夏にグーグルで導入されたパンダアップデート。日本では、まだこれからと言われていますが、既に対策セミナーが日本でも開催されています。それは、アメリカで起こったことは日本でも必ず起こるからです。

 

ただし、まだ発生していないのですから日本で検証することは出来ません。そのため、アナリスト達はアメリカの情報を参考にしています。

 

これは、

 

SEOを先行スタート

SEOにおいて時間軸というのは重要です。歴史のあるサイトほど検索エンジンは高く評価するからです。一度上位表示を達成してしまえば、その後強力なライバルが出現したとしても、そう簡単には負けなくなります。

 

下記のサイトを見てください。
http://w117.d.fiw-web.net

 

黒船SEOの作成に関してアドバイザーを務めたアフィリエイター伊藤哲哉が運営する『かかってこい!英会話』というアフィリエイトサイトです。

 

このサイトは『英会話』というビックキーワードにおいて、上位に表示されています。他サイトは売上規模は10億円単位の法人企業ばかり。

 

一個人のサイトがこの順位をキープしているのは驚異的なことです。

 

ただし、HTMLソースの乱雑さ等、専門家であればすぐに気付くような欠陥が多々あります。知識がある人からみれば、この状態で上位表示されていることは謎以外の何物でもないでしょう。

 

なぜ、このサイトが上位表示を実現出来ているのか?

 

その要因は色々ありますが、最も大きな要素の一つが数年前に上位表示を達成しているということです。『かかってこい!英会話』が上位表示されるようになったのは2003年。今から9年前です。この時間の重みが効いています。

 

実際、今から『かかってこい!英会話』と同じようなコンセプトで、コンテンツ数・被リンク数が同じサイトを作ったとしても、同レベルの上位表示を達成するのは難しいでしょう。

 

検索エンジンから一度実績を評価されたサイトは、よほどおかしなことをしない限り、そう簡単には下がらない

SEO競合

ということです。

 

仮に強力なSEOノウハウが誕生したとします。それをあなたが実践、ライバルが気付く前にサイトを上位表示させてしまえば、そのノウハウが一般化してもあなたのサイトが負けることはありません。

 

今回お伝えする黒船SEOというのは、そういったノウハウの一つです。

 

SEO先進国アメリカで現在、主流となっているSEOノウハウを日本でも使えるように改良したものが黒船SEOです。

 

幕末に日本人の価値観を根本から揺さぶった黒船のように、日本で一般的なSEOノウハウを根本から覆すような強力な効果を持ったノウハウです。

 

正直なところ、このノウハウも近い将来には、日本でも出回り一般化していくと思います。

 

しかし、今現在においては、まだ一般化はしていません。SEOに長けた一部の日本人は既に活用していますが、ノウハウとして表には出回っていません。

 

今がライバルを出し抜くチャンスです。

 

勝負は、ここ数ヶ月で決まります。検索エンジンで上位表示を実現させたい人は、躊躇することなく、今すぐ実践することを強くオススメします!

黒船SEOとは?

SEOに詳しい人からみれば、基本的なコンセプトでは、黒船SEOのノウハウは、一見今までのノウハウと代わり映えしないように見えるはずです。

 

SEOの原則というのは昔から変わっていません。

 

内的SEO=『中身のコンテンツをどんなふうに書いていくか』と外的SEO=『いかに被リンク数を増やしていくか』という二つの原則です。

 

この二つの要素をいかに満たていくかという方法論が変わっているだけで、ポイントは不変です。

 

黒船SEOも、この二大要素を満たすための方法論をまとめたノウハウとなりますが、その方法論が今までのノウハウとは違っています。

 

たとえば、内的SEOに関してですが、あなたは下記のSEOノウハウが正しいと思いますか?

SEOの基本ポイント

一つでも正しいと思っていたら危険です。

 

時代遅れのノウハウを実践しています。これらは今までSEOで成功するための重要な基準と言われてきたものです。しかし、今ではグーグルの評価基準が微妙に違ってきており、修正する必要があります。

 

外的SEOについては『被リンクを増やす』ということは全く変わりません。

 

その方法論としても、無料ブログなどを利用して、自分で被リンク元を自作自演で増やすという、今現在、日本で主流となっているやりかたと一緒です。

 

ただし、どんなふうにブログを作っていくか、どんなふうにリンクを貼っていくかという点が違います。また、

 

被リンク自動増殖

 

という点が大きく違っています。

 

自動的に被リンクを増やすとなると、日本ではブログの自動作成ツールを利用することなどが主流ですが、これはスパムと認定されるだけで何の意味もありません。それどころか下手をしたら順位を落とされます。

 

しかし、アメリカではFacebookやTwitterといったソーシャルメディアやRSSなどを利用して、スパムにならない形で被リンクを増やしていくやりかたが主流となってきています。

 

この部分を自動化出来るようなワードプレスのプラグインも開発され、多くのユーザーに利用されています。(黒船SEOではワードプレスを主軸として利用していきます。)

 

それらのプラグインは日本語にも対応しているので、日本でも活用できます。

 

ただしプラグイン自体は日本語化されていないので、日本では存在を知られていません。こういったプラグインを利用することで、ライバルの先手を打つことが出来ます。(プラグインの導入については、英語が分らない人でも実践出来るようにマニュアルが用意されています。)

 

このようにして細かい方法論をブラッシュアップして、絶大な効果をもたらすように構成されているのが黒船SEOです。

黒船SEOの持続性

SEOノウハウを実践する時、一番気になるのが『効果が長続きするのか?』ということでしょう。

 

実際、検索エンジンのアルゴリズム改修に伴いノウハウが無効化、検索順位が急降下したという話は日常茶飯事です。

 

黒船SEOに関しても同じようなことが起きないのか、不安に思う人が少なくないでしょう。しかし、今実践すれば自信を持って大丈夫と断言することができます。その理由をこれからお伝えします。

ただし、あくまでも今からすぐに実践するということが条件です。

 

SEO持続の理由1

検索エンジンのアルゴリズムの変化に伴い、順位が変動するサイトというのは共通項があります。それは手抜きサイトであるということです。

 

こういったサイトは二つの点において手抜きをしています。

 

1:コンテンツのが貧弱であること
2:の悪い被リンクを大量に集めて、数で勝負していること

 

ポイントは『質』です。SEOの要素をシンプルに言えばコンテンツと被リンクですが、そのどちらにおいても質的に貧弱なサイトがアルゴリズムの変更に翻弄されます。

 

質を維持しているサイトは、検索順位も不変です。黒船SEOでは質の悪いコンテンツや被リンクを大量生産するといったノウハウではありません。

 

質の高いコンテンツや被リンクを作成して、最大限に効果をもたらすように工夫するというタイプのノウハウになります。

 

ここで注意点ですが、質の高いコンテンツを作るというのはサイト運営者が自分で行うこととなります。ここで手抜きをしようとする人は黒船SEOを活用しても成果を得られることはありませんので、ご注意ください。

 

SEO持続の理由2

先ほど、『かかってこい!英会話』を例にとり、運営期間が長いサイトは上位表示されやすいというお話をしました。しかし、それだけで上位表示が維持出来るということではありません。

 

被リンクが増え続けているというのが条件です。被リンクが全く増えていないということでは、古いサイトでも順位は落ちます。

 

ただし、被リンクが増え続けるというのは、実は難しいことではありません。

 

一度上位表示出来れば、多くの人の目に触れるようになり、リンクされるようにもなります。そのためには、他人から評価される良質なコンテンツを作る必要がありますが、黒船SEOは、その点も押さえています。

 

SEO持続の理由3

黒船SEOのノウハウは、アメリカでは1年前から実用されていますが、その当時から上位表示されているサイトは今でも継続的に成功しています。

 

これはグーグルから基準を満たしたノウハウとして認められている証拠であり、継続的効果を期待出来ます。ちなみにグーグルの基準は各国共通なので、日本でも一緒です。

 

SEO持続の理由4

先ほど、今すぐ実践することが条件とお伝えしましたが、それは先行者メリットを得るという意味です。

 

黒船SEOの内容は、まだ日本では普及していないので、今取り組めば絶大な効果を期待出来ます。

 

しかし、時期はわかりませんが、必ず日本でも一般化します。その時点で取り組んでも、ライバルがいっぱいなので、勝ち抜くのは厳しくなります。

 

普及していない時期に取り組み始めれば、いちはやく上位表示できます。そして、継続的に被リンクが増える仕組みがあるため、後発のライバルに負けることはありません。

 

これが先行者メリットですが、これは今だけです。だからこそ、今すぐ実践ということを強調させて頂いています。

SEO効果が永久的

これが黒船SEOのロジックであり、成功へのロードマップです。

海外SEOの違い

SEO経緯

黒船SEOの作成者は、石川恵理香です。

 

彼女は1997年に渡米、アメリカでレンタルサーバーの会社を起業、以来経営者として活動しています。2000年頃から検索エンジン対策に取り組み始め、英語(アメリカ)と日本語(日本)、二ヶ国語でサイトを運営、上位表示に成功しています。

 

彼女は常にアメリカのSEO情報をウォッチ、英語サイトで実践しつつ、そこから得たノウハウを日本語用に修正、日本のサイトにも応用しています。

 

アメリカと日本ではインターネット文化や環境が違うので、アメリカのノウハウをそのまま日本で実践しても成果は出ませんが、石川は長年、二ヶ国語のサイト運営に携わっているので、応用することに長けています。

 

以下、石川からのメッセージです。なぜ、黒船SEOを開発するに至ったのか、その経緯をご確認ください。

 

私は16歳で高校の時にニューヨークに単身渡米、大学ではコンピューターサイエンスと航空宇宙工学を学び、物理学部を2003年に卒業しました。

 

高校時代、学費が足りなかったため、高校に通いながらIT系の会社を立ち上げ、収益を学費にあてていました。

 

ちょうど大学にいた頃から、SEO(検索エンジン最適化)という言葉がはやり始め、私も取り組むようになりました。

 

それ以来、手がけてきたサイトは200以上、サブサイトも含めると数えきれないものとなります。

 

アメリカに住んでいた時代は、英語圏向けのサイト(英語)の運営が主体でしたら、日本に帰国した直後から日本語サイトも始めました。

 

英語と日本語と言語は違っても、SEOという点ではやるべきことが一緒なので、すぐに対応出来るようになりました。それ以来、英語と日本語の二言語でサイトを運営しています。

 

 

下記に運営しているサイトを幾つかリストアップして記載しておきますので、参考にして頂ければと思います。

 

私は日本にSEOという言葉が入る前からアメリカでSEOというものを実際に自分のサイトに適用し、実験を重ねてきました。

 

最初からうまくいったわけではなく、どちらといえば失敗の繰り返しでしたが、試行錯誤を何年も繰り返した結果、表示件数30億サイトの難関キーワードで、検索順位1位を維持しているサイトや、手を加えなくても収益を毎月あげているサイトなど、自分でも満足出来る実績をあげられるようになりました。

 

そうは言っても、SEOは非常に変化が速い世界なので、今も常に最新動向に注意して、実績を上げ続けられるように注力しています。

 

このレポートでお伝えさせて頂く内容は、私自身の経験上、最も大切なことであり、かつ今後も効果を期待出来るものです。

 

一概にSEOといっても、ここ10年で検索エンジンのもとめる項目は、めまぐるしく変わってきましたが、根底にあるものは全く変わらないと最近つくづく感じています。

 

私が実績をあげられるようになったのは、もちろん私だけの力ではありません。優れたSEOノウハウを生み出し続けている偉大な先駆者から教えを受けているためです。

 

アメリカは日本以上にネットビジネスが盛んであり、特にSEOに関しては専門家が激しい競争を続けており、とびっきり優秀なプロが何人も生まれています。

 

日本も同じような状況ではありますが、正直なところアメリカと比較すると、競争は穏やかでレベル的にも、少し遅れていると感じます。

 

日本人にとっては嫌な話です。

 

気分が悪くなる方もいるかもしれませんが、アメリカと日本、二つの国において同時進行でSEOに取り組んでいる人間としての正直な気持ちです。

 

アメリカと日本、両国で情報収集をしていると、常にアメリカのほうが先行しているというのが実感です。

 

アメリカで公表されたノウハウが数ヶ月後、1年後ぐらい経ち、アメリカでは当たり前になった頃、日本で最新ノウハウとして取り上げられるという感じです。

 

検索エンジンの変化もアメリカから始まるので、そういった背景もありますが、常にアメリカの最新情報を知る立場にあると、日本でのSEOは楽です。

 

まだ、ほかの人が知らないことを実践することで、効果を独り占め出来るからです。

 

そういった期間は数ヶ月程度と短いものですが、少しでも先行して取り組むことが、後々どれだけの差を生むか、SEOに携わっている経験が豊富な人ほど実感できるはずです。

 

今まで、私は自分が学んだノウハウを一般的に公開することはありませんでした。SEOのコンサルティングをしているクライアントや、ごく親しいビジネス仲間、友人にのみ情報として伝えているだけでした。

 

そのなかで、少しずつ人の輪が広がり、伝える人が増えていくに連れ、『石川さんのノウハウは役立つから一般的に公開しては?』と言われるようになりました。

 

『今までSEOには振り回されてきたけど、石川さんから教えてもらったことを着実に実践していけば、安定的に成果が出るので非常に有り難い。私のようにSEOで四苦八苦している人は多いから、そういった人のプラスになるように公開してもいいのでは?』

 

おおむね、こういった内容です。

 

評価して頂くことは大変有り難く、今回公開させて頂くことになりました。

 

ネットビジネスに取り組む方にとってお役に立つものであれば幸いです。

SEOのエキスパート

Frank Kern

南の島でセミリタイアしている兆万長者のWebマーケッターのパイオニアで、アメリカでは誰でも知っている神様のような人です。

http://frankkern.com/

Sean Donahoe

アドセンスだけでも数千万円の売り上げを誇る、テクニカルSEOのスペシャリストです。メディアマーケティングで市場を独占する手法を編み出した第一人者です。

http://imsuccesscenter.com/

Jeff Johnson

複数のシステム構築によるプロダクトキャンペーンで、億単位の収益を毎回上げているマーケットリーダーです。

http://www.undergroundtraininglab.com/

Mike Koenig

慈善活動でビデオマーケティングを駆使して、人助けをしながらオンラインで年収数億円を稼いでいるエキスパートです。

http://trafficgeyser.com/

SEOマニュアル

SEOビデオ

1. なぜ、海外最先端SEOを習得すると、日本で上位表示が簡単にできるのか?

  • そもそも、SEOとは何か?
  • 効果が現れるまでに、最低半年から1年かかるという事実
  • 新SEO手法はアメリカで生まれ、数ヶ月・数年遅れて日本に上陸する
  • アルファベットで適用されたアルゴリズムから、日本語で対応するもののみローカライズ
  • アメリカでエキスパートが解析した手法は多くが、日本でも通用する
  • 先取りで日本国内の上位表示を制する

 

2. そのまま実践してもコケる、海外ノウハウを私が日本流に最適化出来るワケ。

  • アメリカで生まれた手法が適用できるケースと出来ないケースがある
  • 1996年NYに単身留学、高校でIT企業を設立し、10年以上、海外と日本でSEOを行ってきた
  • 200以上のサイトを運営し、両国で30億中の1位を獲得するなどの成果が多数
  • アルファベットと日本語特有のSEO採点方法は違う
  • 海外のSEO競争相手は日本の15倍という事実
  • 海外流ニッチマーケティングの日本語市場に対する適用方法

 

3. Web2.0やSNSマーケティングをそのまま実行しても通用しない3つの理由

  • SNS市場が未成熟で数が圧倒的に少ない
  • 英語圏と日本人のメンタリティの違い
  • ITリテラシーの格差により、アクセスが集まらない

 

4. 人はなぜ、ブログに惹かれるのか?心理戦をうまく利用する必要性

  • ラポートがマーケティングのキーであるという事実
  • SNS大国、アメリカの波が日本に押し寄せる前にスタートダッシュする
  • 平均100アクセス1オーダーの法則
  • コンバージョンを上げる3つのキーワード

 

5. あるCMSが他のコンテンツ管理ツールをぶっちぎりで抜いている裏事情

  • 日本では知られていないブログプラットフォームの海外シェアと、SEOの強烈的な効果
  • トップアフィリエイターやGoogleも推奨
  • インターナルSEOのアップデートが容易
  • エクスターナルSEO関連のプラグインが充実
  • SEO用に最適化されたテンプレートの重要性

 

6. Googleも推奨するプラットフォームで、6つの原則を守れば他のサイトを圧倒できる?

  • インターナルSEO6つの原則とその重要性とは?
  • Googleキーワードツールの隠れた使い方

 

7. コンテンツを充実させてもランクインしないテンプレートのダメなレイアウト8選

  • ランクインしないダメダメサイトの共通点とは?
  • 8個のリストで徹底解析

 

8. ヒートマップとゴールデンポジショニングでヒトの潜在意識を刺激しまくる

  • マーケティングは数字という考え方の欠落
  • アクセス解析とWebマーケティング基本用語
  • ヒートマップの重要性
  • 広告の配置でコンバージョンが5倍以上UPする方法
  • 自然な流れのオーダーフローを作る方法

 

9. 相互リンクが圧倒的に無意味な理由と、今後有効なリンキング方式

  • 被リンクの種類は大きく分けて3つ
  • 同レベルの相互リンクは互いに無意味という事実
  • 自作自演が容易な相互リンクは危険
  • 自分のサイトよりランクが上のサイトからでないと被リンクの意味はない
  • 今後、有効なリンキング方式とは?

 

11. 無料で質の高いリンクを集める、○○リンキングメソッド1

  • (マニュアル内で詳しく解説)

 

12. ただのワンウェイリンクに頼らず、リンクジュースを4倍に加速させる○○リンキングメソッド2

  • (マニュアル内で詳しく解説)

 

13. テクノロジーの力を借りて、100%ほったらかし。アメリカ人が好む怠惰で最も数を集められる○○メソッド3とは?

  • (マニュアル内で詳しく解説)

 

SEOテンプレート

黒船SEOはコンテンツ管理ツール『ワードプレス』の利用を前提としています。現在、アメリカにおいてSEOを実践するのであれば、ワードプレスでサイトを構築することが当たり前となっています。

 

ワードプレスの構成が検索エンジン(グーグル)との相性が良かったことがキッカケですが、利用者が増えているため、SEO作業をサポートするためのプラグインが多数開発されており、効率良くSEOに取り組めるようになっています。(大半のプラグインが日本語のSEOにも対応しています。)

 

黒船SEOのノウハウを盛り込んだオリジナルテンプレートがTheme Generator Pro v6です。ユーザビリティを考慮したデザイン構成となっていますので、ワードプレスのインストールが完了次第、すぐにサイトを作成することが出来ます。

特典1

1000文字以上のコンテンツを書けばいいといっても、文章を書くのが苦手という方にとっては難しいことでしょう。

 

ネットビジネスで成果をあげるうえでは、ただ書けばいいのではなく、読み手から評価されるように内容にも気を配る必要があるため尚更です。

 

そこで、どんなふうにして文章を書けばいいのか、コンテンツのネタをどんなふうに考えていけばいいのか、情報コンテンツの書き方をまとめたPDFファイルを進呈致します。

特典2

ワードプレスをワンクリックでインストールできる機能や、SEO用に最適化されたサイトをスムーズに運営して頂くための設定が施されたレンタルサーバーです。

 

サーバーによっては、ワードプレスのプラグインの不具合があったり、インストールすら

させてもらえないところもありますので、SEOを安心して加速できるパッケージを一年間完全無料にて、黒船SEOの購入者専用のプランをご用意いたしました。

特典3

SEOに強いコンテンツを作成するには、様々な内的要素を満たす必要がありますが、それらを一つずつ確認していくのは大変です。

 

SEO要素のなかにはキーワード出現頻度といった面倒な計算を実行する必要がある項目もあります。

 

コンマジ君は、作成したコンテンツがSEO要素を満たしているかどうか、自動判定するチェックツールです。数秒で全ての項目がチェックされるので非常に便利です。

 

コンマジ君には無料版と有料版が存在しますが、黒船SEOを購入された方にはコンマジ君 有料版の半年利用権を進呈致します。(半年経過後、有料版から無料版に切り替えることも可能です。)

 

コンマジ君の詳細については、こちらをご覧ください。

特典4

黒船SEOのノウハウを土台に作成した情報コンテンツの添削サービスを無料で行います。内的要素を満たしているかどうか、満たしていない場合には、どのように改善していけばいいのか、アドバイスを致します。

 

内容のクオリティもチェック、必要に応じて改善のアドバイスをさせて頂きます。

自分が書いた文章が本当に良いものかどうか分からないという方には、プロから確認してもらえる絶好の機会となります。